仮想通貨NEMの流出問題の経過をまとめてみました | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

コインチェックという仮想通貨の取引所から、仮想通貨のNEMが流出したという問題で、 テレビのニュースでも連日報道されています。

以前、ビットコインが消失したというマウントゴックス事件の際も大きく報じられましたが、 現在は、仮想通貨への関心が高まっていることもあってか、 その報道の内容も深くなっているようです。

一応、今回の流出問題の経緯を書いてみたいと思います。

流出問題の経過

1/26に、コインチェックより、仮想通貨のNEMが流出したと発表。 翌1/27の新聞でその情報が報じられました。

仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)は26日、利用者から預かっている約580億円分の仮想通貨が外部からの不正アクセスにより流出したと発表した。

日経新聞

1/27にはテレビのニュースで第一報が報じられました。

仮想通貨の取引所 出金停止「不正引き出しで580億円流出」TBSニュース

その後、連日、コインチェックの対応について報じられ、 コインチェックの会社の前を訪れる投資家の姿も見られました。

また仮想通貨とは何かというような内容のものも新聞やニュースで報じられるように。

1/28夜には、コインチェックより、被害者に補償をすると発表がありました。 被害額は580億円でしたが、相場が下がったため、460億円になるとのこと。 補償の時期などは未定ということでしたが、 ひとまずは安心ということでしょうか。

仮想通貨の取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、コインチェックの幹部は「会社がもつ現金などで顧客に返金していく」と述べ、補償にめどがたっていると強調しました。

コインチェック幹部「会社保有の現金などで返金」TBSニュース

NEMの普及を目指すネム財団が動き出す

ネム財団というNEMの普及を目指す団体が、動いたという話題を見て、 ちょっと感動しました。

犯人のNEMにマークを付けて監視しているとのことです。

こういったことができるというのは、どのような技術か私はわかっていませんし、 もうちょっと勉強してみたいと思いました。

換金されれば、特定できる可能性がある」

「仮想通貨 換金なら特定も」 NEM財団、捜査協力へ 東京新聞

1月31日には、NHKの「クローズアップ現代+」で今回の問題についての特集がありました。 サイトで内容が見られるので、こちらを見ると、概要がわかると思います。 サバンナの八木真澄さんもコインチェックでNEMを買っていたそうです。

消えた580億円 仮想通貨流出の謎を追う

まとめ

今回の問題で、芸能人の方もかなり仮想通貨の投資をしていたことが芸能ニュースになっていました。 そこまで仮想通貨の投資をしている方が多いとは思わなかったので、 驚きました。

被害者の方は不安で気が気ではないと思いますし、 また、コインチェックの社長さんの会見を見ると、 すごく悲痛な感じで気持ちを想像すると、つらくなりました。

NEMがコインチェックに戻って、 被害者の方に無事に戻って欲しいと思いました。

(2018/2/2)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ