.htmlにphpを埋め込んで動作させる際のローカルとロリポップの.htaccessの設定 | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

私が運営しているサイトで、ずっと放置しているものがあるのですが、 この度、少し更新してみようと考えました。

ページは古いものなので、全てhtmlファイルになっています。 phpも使って、もっと動的なページを作りたいと考えました。

なのですが、htmlファイルをphpファイルに置き換えると、 URLが変更になってしまいます。

.htaccessのRewriteで xxx.htmlとアクセスされたら、xxx.phpと表示させる方法もあるようです。

今回は、簡単そうだという理由から、 htmlファイルの中にphpを埋め込んで使うという方法を試してみました。

.htmlファイルの中にphpを埋め込んで使う

例えば、htmlファイルですと、通常は




<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
ヘッド
</head>
<body>
<div>
本文
</div>
</body>
</html>


というようなコードになりますが、中に埋め込んだ場合、




<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
ヘッド
</head>
<body>
<div>
本文
</div>

<?php

phpコマンド文

?>


</body>
</html>


というようなコードになります。htmlファイルの中に埋め込んで使うのことができるので、 拡張子は.htmlのままで大丈夫です。

.htmlファイルにphpを埋め込んで使うための設定

.html の中に phpを埋め込んで使うための設定をしてみましょう。

まずは開発をするために、ローカル環境、自分のパソコンの設定を変更します。 私のパソコンには apache がインストールしてあるのでそれの設定を変更します。

apacheの設定ファイルは、httpd.confです。

httpd.conf ファイルの以下の行を

AddType application/x-httpd-php .php

になっていたので、

AddType application/x-httpd-php .php .html

というように変えて、 apache を再起動します。これで完成です。 ローカル環境はとても簡単に設定することができました。

試しに適当なコードを入れて、サンプルスクリプトなどを実行してみてください。

htmlファイルの中にphpを埋め込んで使用する設定のサンプル

レンタルサーバーの設定(ロリポップ)

.htmlファイルにphpを埋め込んで使えるかは、レンタルサーバーによっても異なります。 今回はロリポップレンタルサーバーについて調べてみました。

ロリポップ! の場合は .htmlファイルの中に php を埋め込んで使いたい場合は、の設定が必要なようです

まずは、ユーザー専用画面のPHP設定で、

「php_value, php_flagを利用可能にする」 この設定が「 On 」の場合 .htaccess の設定内容が優先されます

というところを「On」にします。これで、.htaccessファイルを使う準備ができました。

次に.htaccessファイルを作成します。 .htaccessファイルは、テキストエディタで編集すると良いと思います。 文字コードは日本語がなければSJISでも良いみたいです。 改行コードは「LF」にします。

そして、

AddHandler php7.1-script .html

と書いて、最後の一行は改行だけの行を入れておきます。 私の場合は、php7.1なので、7.1にしてありますが、 自分のphpのバージョンを書くということです。

ロリポップでは、.htaccessのファイルはパーミッションを604にする、 ということなので、アップロードしたあとでパーミッションを変更します。

これで、ロリポップでもhtmlファイルの中にphpを埋め込んでも、無事に表示させることができました。

(2017/11/14)

ロリポップ!

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ