投資で出てくるブルとベアの簡単な覚え方 | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

投資信託、ファンドを購入しようとする時、ブル、ベアという言葉を見かけることがあります。 投資信託だけではなくて、FXや 仮想通貨取引でも このブル、ベアという言葉を見かけるのではないでしょうか。

ブルとベアというのは慣れないと戸惑ってしまいますが、 ブルが上昇を表すもの、ペアが下降を表すものです。

投資信託などでブルという言葉を見つけると、 「あれ?上昇だった下降だったかどっちかな」と迷いますが、簡単な覚え方があります。

ブルは上昇、ベアは下降

ブルというのは、英語でBull、雄牛のことです。 一方のベアはBear、クマのことです。喧嘩する時に、クマは爪で攻撃しようと思い手を下に降りおろします。 手を下に振り下ろすので、下降ということになります。 このクマの手で攻撃する、ので下降というのは覚えやすいのではないでしょうか。

ブルは、雄牛の角で攻撃するということでその姿は、 上昇する軌道になります。

日本ですと、雄牛というのはあまり馴染みがないかもしれません、 とりあえずベアが下降というのを覚えておけば、ベアとブルが上昇か下降かをすぐに思い出せると思います。

投資信託などでは、これからその対象が上昇すると思えばブルを買っておけば良いということになります。

金融用語は馴染みがないと、なかなか難しいですが、 触れているうちに少しずつ覚えていけるようです、

(2017/12/7)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ