YouTubeに動画投稿するユーチューバーは稼げるのか | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

動画共有サイトのYouTubeのユーザーはかなり多くなっていると思います。 インターネットをする際に、 YouTube に必ずアクセスするという方も多いのではないでしょうか。

YouTube に動画を投稿するユーチューバーという方が、 テレビでも話題を集めるなど、注目も高くなっています。

今回は YouTube で稼ぐことができるのかを考えてみました。

一再生あたり0.025円から0.05円の広告料

YouTube で動画を再生すると、再生する前に広告が表示されることがあります。 また動画の再生中にも、動画の画面の下の方に広告が掲載されている場合もあります。 この広告が表示されることによって、動画の投稿者にお金が入るという仕組みになっています。

もちろん動画を収益化するかしないかは自分で選べるようです。

この動画の広告はどのようにして表示すれば良いでしょうか。 現在の設定では、YouTube に動画を投稿して、合計1万ページビューを超えると広告を表示できるようになるようです。 これは複数の動画のページビューを合わせた数でも良いということです。

気になる広告料は、 一再生あたり0.025円から0.05円と言われています。 この数字は個人差があるようです。 やはり人気のユーチューバーの方は報酬が高く設定されるのかもしれません。

ブログを書いて google adsense を掲載した場合は、 1ページビューあたり0.1円ということが言われています。 単純に比較することはできませんが、このような違いがあります。

一再生あたり0.025円から0.05円 ということになりますと、 1万再生で250円から500円ということになります。 100万再生で25000円から5万円。 お小遣い稼ぎを狙うならば月10万回以上の再生回数が欲しいところです。

YouTube で稼ぐには

YouTube には、自分のプライベート映像のようなものから、 バラエティ番組のような面白いもの、音楽を演奏するもの、 ハウツー動画、オリジナルのアニメ作品など、 様々な作品がアップされています。

このうち、単純に広告収入で稼ぐということになると、 自分が登場して何かをすると言うことになると思います。

アフィリエイトの場合は、雑誌の編集者のように、 記事を書いたりデザインやレイアウト考える作業だと思いますが、 ユーチューバーの場合は、自分自身が芸能人やタレントという出演者の役割と、 動画を編集するテレビ局の二つの役割を担当することになると言えます。

このような作業に、楽しみを感じる方はユーチューバーにぴったりの方だと思います。 ユーチューバーなどからテレビ出演をしている方も多いですし、 将来有名人になりたいという方も、たくさん利用しています。

ただ、自分が出演するのは嫌だと言うにとっては、 YouTube の動画作品を作るというのはなかなか難しいかもしれません。 自分で出演するのが嫌な場合、文字ベースで作品を作ったり、 アニメ作品や音楽作品、どこかの景色を撮影するなどが考えられます。

自分で登場する場合しない場合でもアイディア次第で再生回数を伸ばすことは可能かもしれません。

1億円以上稼ぐユーチューバーも

成功しているユーチューバーの方は 年収1億円以上の収入を得ているそうです。 もちろんこのような成功例はごく一部の方になると思います。 ただアイディアや努力次第でここまで稼ぐことができるというのは希望がもてる話だと思います。

動画を投稿して広告収入を得るだけではなく、 自分の活動を YouTube で紹介して、知ってもらい、 本業の活動の方で利益を上げるというような使い方もされているようです。

YouTubeの競争は厳しくなっているかもしれない

稼ぐことができる、と話題になると一気に色々な形が参戦するので YouTube で稼ぐというのはなかなか難しくなっているのかもしれません。 現在ではすでに知名度のある有名人の方も YouTube に動画をアップするなど、話題になっています。

そのため私たちのような一般人が、 YouTube で稼ぐにはまだ誰も手をつけていないような独創的な動画を作る必要があるかもしれません。 この辺りもアイディアしないと言えるかもしれません。

分業も増えるかもしれない

ボーカロイド曲の投稿が盛んなニコニコ動画では、 音楽作品の動画を作る際に、作品によっては分業が行われています。

音楽を作る人、イラストを用意する人、 動画を作る人という具合に複数の人で一つの作品を作り、 広告収入はみんなで分配するというような仕組みです。

YouTube の動画作成の作業はかなり時間と労力がかかるものなので、 例えば出演する人、動画を編集する人、 ナレーションを担当する人、などという風に分業が進んでいく可能性があります。

このような場合は、例えば動画編集を極めておくと今後稼げるかもしれません。 何かスキルアップをしておくと、稼ぐ手段が増えるのではないでしょうか。

テレビ局で編集の仕事をしてみたい、という夢を持っていても、実現できるのは一握りの人だけだったと思います。 YouTubeが出来てからは、そのようなテレビ局の編集スタッフの作業を誰でも、擬似的にではありますが、 体験することができるようになったとも言えるかもしれません。

YouTube はとても人気サイトなので、 今後もさらに発展したり広がりを見せるかもしれません。 動画で稼ぐにはどうしたらいいかと、私も考えています。

(2017/11/20)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ