仮想通貨ビットコインが暴落した時の仕組み | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

先日、仮想通貨のビットコインが暴落したということで、話題になっていました。 現在は再びジリジリと値を上げて、133万円ほどになっているようです。

この値動きの激しさが投資先として見ると、かなり不安に感じることもあるかもしれません。

私は、まだ仮想通貨のマイニングでもらった数百円分しか保有していないので、 特に影響はありませんが、たくさん保有すると、心理面でプレッシャーが高そうに感じます。

先日の暴落について、なぜ暴落したのか、その流れが日経新聞に書かれていました。

暴落のきっかけは各国の規制から

中国での仮想通貨の規制につづいて、ヨーロッパでも仮想通貨の規制について話があったというのが、 最初の売りを呼んだようです。各国の規制強化というのはインパクトがあったようで、 かなりの売りになったようです。

すると、今度は、レバレッジをかけて仮想通貨取引をしている人のロスカットが発生。 強制的にポジションを解消するという状況になりました。この段階でさらにビットコインの価格が下がります。

ビットコイン以外の仮想通貨の取引の証拠金としてビットコインが使われているということで、 ビットコインが下がると、他の仮想通貨のポジションも解消となる。

この一連の流れで今回のビットコインの急落が起きたようです。 どうしてここまで値が下がるのかと思いますが、 ポイントはレバレッジをかけている人のロスカットということのようです。

ただ、暴落のあと再び値があがっているので、ビットコインの人気はまだまだ健在のようです。 「ワイドナショー」という番組で松本人志さんもビットコインを購入しているとコメントしていたようですが、 ビットコインはそれぐらい知名度が高まっている状態だと思います。

私は投資先としては心配なので、しませんが、マイニングでコツコツと仮想通貨を貯めていきたいと考えています。

(2018/1/22)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ