本の「せどり」や輸入した品を販売したら稼げるのか | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

せどりと呼ばれる、お金の稼ぎ方があります。 せどりの定義は人によって多少異なっているようですが、 現代では主に古本屋さんの実店舗で購入した本を、インターネットで転売する、というもののようです。

古本屋さんの実店舗では、古本が格安で売られていることがあります。 その本が欲しいのに手に入らないという人が日本各地にいるので、 インターネットで販売すると、高く売れて、利益を上げることができるということになっています。

インターネット上には、このせどりでたくさん稼いでる方の体験がよく出ています。

近くの、 古本屋さんで本を探して、 それをアマゾンであったり、ヤフーオークション、メルカリで販売すると言うのが主流のやり方のようです。

本を探す、出品する、お客さんとの交渉、梱包配送など、 かなり手間がかかると思いますが、利益をしっかりあげられるのなら挑戦したいという方も多いかもしれません。

アフィリエイトは、記事を書いて商品を紹介すると言うのが主な仕事になります。 一方せどりの場合は、本など、現物の売買をするということになります。 同じインターネットで稼ぐ仕事になりますが、作業内容は大分異なると思います。

私がオークションをやっていた時のこと

私は、せどりは行ったことがありませんが、オークションで品物を出品していたことがあります。 当時の売り上げの記録は残っていないので、当サイトの収入には入れていませんが、意外と売れました。

オークションサイトで、どういうものが売れるのだろうかと考えてみました。 やはり通常のインターネット通販では売られていない珍しいもの、 オークションでしか手に入らないもの売れるのではないかと思います。

また、通販サイトよりも価格が安いものは売れると思います。

私も、こういうものが売れるのかなと思っていたものが意外と売れたりして、 多少のお小遣いになりました。アフィリエイトで成果報酬が上がるように注文が入るととても楽しいと感じていました。

私の場合は売るべき品物がなくなってしまい、 もうオークションはやっていませんが、もしも売るような商品があればまた行ってみたいと思います。

海外から商品を仕入れる

せどりの場合は、日本国内で近所の古本屋さんなどから商品を仕入れてそれを売るという形になりますが、 おそらくはかなり競争が激しくなっているのではないかと思います。 せどりをやっている方もかなり多いようなので売れる品物は、多数の競争相手と争奪戦になるかもしれません。

そのため、あまり皆さんが手につけていないような品物を狙っていくと良いかもしれません。 本以外の分野も検討しても良いかもしれません。

例えば、海外のインターネット通販サイトに売っているものの、 自分が海外のサイトで購入するのはちょっと怖い、と感じている人がいるとします。 その時ヤフーオークションやメルカリ、 アマゾンに、その海外直輸入品が売っているとなると、 そのサイトで購入してもらえる可能性が高くなるのではないでしょうか。 これは、輸入代行のような形になるかもしれません。

海外であったり、あまり多くの人が手をつけていない商品を狙っていくのが良いかもしれません。

日本から商品を輸出する

今は、日本文化への関心が高まっていると言われています。 そのため、海外へ日本の商品を送ると言う方法もあるかもしれません。

日本の商品を購入して海外のショッピングサイトで販売。 品物が売れたら国際便などで配送するというやり方です。

現在は円安なので、こういうやり方も可能性があるかもしれません。

物を販売することのデメリット

せどりや、オークションサイトなどでの物の販売をする時のデメリットとしては、 在庫を抱える可能性があるということです。 商品を仕入れてきても必ず売れるというわけではありません。

アフィリエイトサイトの場合は、情報を掲載するだけなので売れなくても赤字になることはありませんが、 物を販売する場合は売れなければ赤字になってしまいます。 それが物を販売するということの大きなデメリットだと思います。

またお客さんとの対応が必要になることもあります。 商品の不具合であったり、配送の時のトラブル、お金の支払いなどです。 こういうものにも対応しなければならないのが大変な面もあります。

また、海外サイトから仕入れたり、 日本国内で購入した商品を海外に配送する場合は、さらに外国語での対応が必要となりますし、 配送の際に国際便などのトラブルが起きる場合もありますので、そういうことも対応しなければなりません。

また、「せどり」という行為自体に嫌悪感を感じたり批判的な方もいらっしゃいます。 「せどり」をやっていて、後ろめたさを感じる方は、 例えば、オリジナル商品を作ってそれを販売するということも考えてみると良いかもしれません。

物を販売することに向いている人

インターネットで物を販売することに向いているのは、 仕入れをするのが楽しいという方や、仕入れの能力が高い方であったり、 梱包やお客さんとの対応が苦にならないという方、ということになると思います。

インターネットで物を売る場合は、実店舗などは必要なく、 商品さえあれば始めることができます。オークションなどでは、 一つの品物から出品して販売することができるので、とてもハードルが低いです。

最初は少ない品物を売っていて、売上が上がったら、どんどん扱う商品を増やしていく、 という夢を抱けるかもしれません。 そういう楽しみもあるのではないかと思います。

(2017/11/19)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ