イラストを描いてお小遣いを稼ぐ | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

イラストを描いてお小遣いを稼ぐ、ということも出来ると思います。 ペンや筆などを使ったアナログの絵から、 スマートフォンや pc を使ったデジタルイラストがありますが、 どちらもお小遣いを稼ぐことができる可能性があります。

一番簡単なのは雑誌の読者コーナー

雑誌を購入すると、その雑誌によって読書の投稿欄がある場合があります。 その雑誌の感想であったり、色々な意見を掲載しているものですが、 雑誌によってはイラストを募集している場合があります。

その雑誌にまつわるイラストであったり、全然関係のないイラストでも良いこともありますが、 掲載されると500円の図書カードであったり、 場合によっては1000円ほどの図書カードやクオカードがもらえるということもあります。

多くはハガキに描くので、ペンで描くということになりますが、 自分のイラストが雑誌に掲載される喜びと、図書カードやクオカードもらえると言う喜び味わいます。

イラストを描いてお小遣いを稼ぐ一番簡単な方法だと思います。 また、新聞にもこのようなイラストの募集があるので、チェックしてみると良いかもしれません。

ツイッターやブログに公開する

自分で描いたイラストをブログやツイッターに掲載するという方法もあります。 この場合は、イラストを掲載することで、ブログやツイッターの投稿の魅力を増すと言う方法になります。

イラストがあることで、読者の方の目を引きますし、 上手くいけばアクセス数の増加が期待できます。ブログや ツイッターに掲載するイラストについては、 絵はそんなに上手でなくて、自分では落書きと思っているようなものでも良いことも多いので、 イラストを描くのが好きな方は、 掲載してみると良いかもしれません。

ブログにGoogleアドセンスを貼っておけば、アクセス数が増えると、 広告収入も上がっていきます。ブログのアクセスアップにイラストを活用することができます。

イラストの投稿サイトに投稿する

pixivなどのイラストの投稿サイトに自分のイラストを掲載しておくと、 そこからイラストの仕事の依頼が来ることもあるようです。

イラストのスキルがかなり高くないと仕事の依頼は来ないと思いますが、 イラストを描く活動しているということを知ってもらうためにも、 このようなイラスト投稿サイトに登録しておくと良いと思います。

またこのような投稿サイトでは、イラストのコンテストが開催されることがありますので、 そういうものに参加することで、参加賞であったり豪華賞品がもらえるということもあります。

ヤフーオークションで販売する

ヤフーオークションでは、絵が上手な方が描いたオリジナルイラストが販売されています。 ヤフーオークションで、いろいろなキーワードで検索してもらえると分かりますが、 一般の方でも自分のイラストを販売して収入を得ることができるようです。

もちろんこの場合も、イラストのクオリティが高くないと売れないと思いますし、 売れ筋のイラストのジャンルというのもあると思うので、誰でも簡単に売れるわけではないと思いますが、 なかなか良い価格で販売されているようです 。 絵が得意な方なら、お小遣い稼ぎとしてかなり有力な選択肢かもしれません。

ヤフーオークションで売れている絵は、コピックというカラーマーカーで描かれたものや、 水彩絵の具やアクリル絵の具で描かれたもの、などアナログのイラストが多いようです。 まずはヤフーオークションのサイトを見て、 どういうものが売れているのかリサーチしてみると良いと思います。

無料で配布してホームページの広告収入を得る

自分のイラストを無料で配布するのはかなり抵抗があると思いますが、 以前紹介したフリー素材のイラストのサイトなどのように、 無料で自分のイラストを素材として配布している方もいらっしゃいます。

この場合は、無料でイラスト素材を配布するサイトを作ることで、 サイトのアクセス数が期待できます。そのサイトに google アドセンス などの広告を貼っておけば、 広告収入が得られる可能性があります。

もちろんイラスト素材としてのクオリティや数、使いやすさなどによってアクセス数は買ってきますし、 競争が激しくなれば稼げなくなると思いますが、 このように無料で配布するという発想の転換をして稼いでる方もいらっしゃるようです。

この場合は、 pc とワコムのペンタブレットというような組み合わせでイラスト素材を たくさん仕上げるというのがポイントになりそうです。

まとめ

インターネット時代になってから、個人であってもイラストを描いて、お小遣いを稼いだり、 場合によってはプロとして活動される方も増えてきました。

イラストを描くのは在宅でも出来ますし、 ペンタブレットとイラストソフトなど一度揃えてしまえばデジタルイラストは 費用もかからずに描くことができます。

絵を描いている人として認知されるために大切なのは、 イラストを描き続けることということになりそうです。

(2017/11/29)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ