Windows 10でのCドライブのクリーンアップをして容量を確保 | 在宅ネットでコツコツお金を稼ぐ

私のPCはWindows 10を使っているのですが、 元々少ない容量だったこともあり、最近Cドライブの残り容量が気になるようになりました。

残りのCドライブの残量、残り容量は約3GB。

残り容量がスレスレになるとOSの動作が不安定になると言われているので、 余計なデータがあったら削除して容量を確保したいと思いました。

まずはクリーンアップ

まず、WindowsのエクスプローラーでCドライブを右クリックして、 プロパティを選択。すると、 「削除するファイル」という項目が出てきます。

こちらで削除できそうな項目があったら、選んで「OK」をすれば良いのですが、 私の場合は、あまり容量を捻出できる項目はなさそうです。

そこで、その下の方にある、 「システム ファイルのクリーンアップ」という項目をクリック。 そこでは、新たにシステムファイルで削除できる項目が表示されます。

古いWindowsを削除

その中で、約21GBと書いてある、「以前のWindowsのインストール」というものが見つかりました。

私のPCは今はWindows 10ですが、Windows 7からアップグレードしたものです。 おそらくこの「以前のWindowsのインストール」というのは、Windows 7と思います。

Windows 10にアップグレードしてから、だいぶ期間が経っているため、 もうWindows 7には戻せないと思います。 Windows 7に戻すには、再インストールしかないと思うので、 この「以前のWindowsのインストール」を削除してみることにしました。

選択して「OK」をクリック。

30~40分かかったでしょうか。 削除が完了すると、 私の場合は11GB分増えました。

表示では21GBとなっていましたが、 この辺の違いはよくわかりません。

「以前のWindowsのインストール」を削除したので、 Cドライブの残り容量は約14GBとなりました。

TEMPファイルの削除

私の、CドライブのTEMPファイルというフォルダに600MBぐらいありました。 こちらは手動で削除して良いということなので、ちょっと怖いですが、 C:TEMPの中に入っているフォルダをすべて選択して削除しました。

これで、Cドライブの残り容量は約15GBとなりました。

「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」は使わない方がいいみたいです

Cドライブの右クリックして、プロパティを選択すると、

「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」という項目もありますが、 こちらは使わない方が良いという意見が多かったです。

さらに残り容量を空けたいところですが、 約15GB空きましたので、今回はここまでにして、 あとは、音楽ファイルなどがあったら、移動させたり不要なデータのファイルを削除して、 Cドライブの容量を確保したいと思います。

(2017/12/16)

トップページ

その他のコラム

コンテンツ

トップページ